アイスクライマー







氷山の頂上を目指して、コンドルに掴まるのを目的とした縦スクロールアクションゲームです。



二人同時がプレイ可能で、青服の1プレイヤーがポポを操作して、2プレイヤーが赤服のナナを操作することになります。
アイスクライマーとは、1985年1月30日に任天堂より発売されたファミコンのゲームです。
ファミコン版の発売から時を経ても根強い人気を誇り、ディスクシステムやアーケードでも展開している名作ゲーム。
2004年2月14日に発売されたファミコンミニ第1弾のタイトルにも選ばれ、Wii・Wii U・ニンテンドー3DSのバーチャルコンソール、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューター」、「ニンテンドースイッチオンラインファミリーコンピューター」でもプレイが可能です。



山は階層になっていて、ほとんどの場合は下から木槌でブロックを叩いて崩してから上に登っていきます。
上へ登って行くと画面が上にスクロールしますが、足場から降りても下方向へのスクロールはしないために、床の無いところに落ちるとミスになってしまいます。
協力して山を登ることも、相手の邪魔をしながら争うといった異なる遊び方もできるため、ゲームとして多彩な遊び方ができます。
層に分かれている麓から中辺りを登ればクリアとなり、その上から山頂まではボーナスステージに。ボーナスステージで落ちたりタイムアップになったりしても次の山に進むことが可能になっています。
最終的に頂上を飛んでいるコンドルの足に掴まればゲームクリアーです。
タイトル画面で32番目までなら、開始する山を自由にステージ選択ができます。