T.M.N.T(ティーンエージミュータントニンジャタートルズ)



ゲームボーイの「タートルズ」シリーズの第一弾☆
アメリカの人気漫画タイトル「T.M.N.T(ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ)」を題材としたアクションゲームです。



ゲームボーイのアクションゲームの中でも、操作性も良く手軽に遊べる仕上がりになっています。
さすがは、コナミクオリティ!



オーソドックスな横スクロールアクションがですが、難易度はよほどゲームが苦手な人じゃなければ誰でもクリアできるレベルだと思います。
四匹の主人公の中から選択して、ステージを順にクリアしていく流れになります。



4匹のキャラクターは特徴もなく持ってる武器でしか区別できませんが、大きめのキャラクターをゲームボーイ操作するのは爽快でした。
必殺技などもなく・・・多少大雑把なつくりですが、ちゃんと仕掛けもあり雰囲気はでています。
ファミコン版も面白かったですけど、タートルズシリーズのゲームは丁寧に作られていた印象ですね。



ストーリーはファミコン版と同じで、謎の液体に触れ巨大化して言語を話せるようになったタートルズ達が、拾われ育ての親で師であるスプリンターに武術を教わります。ある日、人気レポーターのエイプリルと仲良くなったタートルズ達。
事件に巻き込まれシュレッダーにさらわれたエイプリルを助けにいくというものです。
原作の再現度は、よく感じられました。



当時はまだアメコミが日本では知名度がなくて、映画で公開された一部のヒーローだけがよく知られているという状況でした。
続編もリリースされ、他機種版もシリーズ化していたので、タートルズは日本でも知名度・人気が高かったと思われます。
映画の公開も、ゲームより後でしたので。



BGMは、お馴染みの曲からオリジナルのモノまでいい感じです♪
オープニングの曲が、凄く特徴的で、「タートルズ」の代名詞みたいな曲ですよね♪


二作目は難易度が上がり、三作目は探索型のアクションになるので、この一作目が一番簡単で遊びやすいです。
プレイ時間も、1時間ちょうどいいですし。



私の中では、スーパーマリオランドの次に購入してクリアした思い出の一本です。
ゲームボーイのアクションゲームを気軽に遊ぶには、うってつけのゲームではないでしょうか。



全5ステージで構成され、プレイするステージも自由に選ぶことが出来るのがうれしいです。
パスワードもバッテリーバックアップもなく、現在でも普通に遊べるのも魅力です☆



タートルズが扱う武器は東洋のものが多く、忍者という位置づけもあり、日本にインスパイアされた作品と言えます。
劇場版は、真面目でリーダーのレオナルドと短気で瞬間湯沸かし器の異名をもつラファエロを中心に話が進みますが、けっこう面白かったですよ。



レオナルド (二刀流の刀の使い手)
ラファエロ (二つのサイの使い手)
ドナテルロ (棒術の使い手)
ミケランジェロ (ヌンチャクの使い手)
ネズミのスプリンター先生は、今作では登場しません。